2005年11月14日

石と秋の終わり。


石を蹴っ飛ばした。あくまで、軽く。

俯いた僕の顔は、恐らく誰にも見えないだろう

長い前髪が、顔を覆う。




蹴られた石は軽い音を上げ、溝の手前で、止まった。




石を蹴っ飛ばした。あくまで、軽く。

呟いた僕の声は、恐らく誰にも聞こえないだろう

呟いた言葉が、風に消える。





蹴られた石は軽い音を上げ、穴の真横で、止まった。




惜しい。と思う

運が悪いのだと思う

けれど、蹴られた石は、

溝に落ちることなく穴に落ちることなく。

・・・運がいいと思ったのだろうか?

石の気持ちを考える。


瞬間少し強く吹く北風が、秋の終わりを告げ、

少し寂しくなった僕は、もう石を蹴る事はなかった




†††††††††††††††††††††††


これから寒い日が続くとおもうとちょっと鬱です((笑

今日は帰り道何故かネガティブだったんで

急に詩がかきたくなってみたり。







posted by 猶(ユウ) at 16:43| Comment(25) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

刺さる、棘

刺されば、ソレは痛みを覚え

刺されば、ソレは哀しみを誘い

刺されば、ソレは二度と抜けることは無いでしょう。



痛すぎる、残酷な、棘の雨。



悲鳴は絹を裂くように、甲高く響いてゆくから…




救いようの無い戦慄

止めようの無い旋律



流れる日々は唯大袈裟に曲を紡ぎだすから

流れる日々は唯大袈裟に狂句を語りだすから



多くは語らない君の瞳に、





僕は、堕ちた。







††††††††††††††††††††††††††††††


えらく久々の更新ですが。(滝汗

やっぱり詩を書くのは楽しいですね。






posted by 猶(ユウ) at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。